ザ・グラフ(GRT)売買タイミング表示グラフ

アルトコイン
スポンサーリンク

はじめに

ボリンジャーバンド、RSI、MACDの3つのテクニカルチャートを元に売買タイミングを算出しビットコインの価格チャートにポイントをプロットしていますので、参考にしてください。※ただし、結果については保証するものではありませんので、自己責任お使いください。

売買タイミング表示グラフ

本ページが表示された際に最新データが表示されるようになっています。以下の「UPDATE」ボタンをクリックすることでも最新データの取得が可能です。

売買タイミング表示グラフ仕様

グラフを作成するにあたっての仕様は以下の通りです。グラフを参考にする際にはよくお確かめください。

データ間隔

  • 過去7日間のデータを取得しています。
  • 取得した価格データは1時間おきのデータになります。※APIの制限およびサーバ負荷軽減のため、1時間以内にデータが更新されている場合は、そのデータを再表示する仕様になります。

買いタイミングの条件

以下の3つの条件のいずれかが満たされたときに発生します。

  • RSIが30以下から30より大きくなったとき。RSIとは、相対力指数と呼ばれるテクニカル指標で、価格の上昇力と下落力のバランスを示します。RSIが30以下になると、過度に売られすぎていると判断され、反発の可能性が高くなります。
  • MACDヒストグラムが0以下から0より大きくなったとき。MACDとは、移動平均収束拡散と呼ばれるテクニカル指標で、短期と長期の移動平均線の乖離度を示します。MACDヒストグラムは、MACDとその信号線の差を表します。MACDヒストグラムが0を上回ると、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜けたことを意味し、上昇トレンドの始まりと判断されます。
  • 価格が下部ボリンジャーバンドを下回ったとき。ボリンジャーバンドとは、移動平均線とその標準偏差を基にしたバンドで、価格の変動幅を示します。下部ボリンジャーバンドは、移動平均線から2倍の標準偏差を引いた値です。価格が下部ボリンジャーバンドを下回ると、過度に下落していると判断され、反発の可能性が高くなります。

売りタイミングの条件

  • RSIが70以上から70より小さくなったとき。RSIが70以上になると、過度に買われすぎていると判断され、調整の可能性が高くなります。
  • MACDヒストグラムが0以上から0より小さくなったとき。MACDヒストグラムが0を下回ると、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下抜けたことを意味し、下降トレンドの始まりと判断されます。
  • 価格が上部ボリンジャーバンドを上回ったとき。上部ボリンジャーバンドは、移動平均線から2倍の標準偏差を足した値です。価格が上部ボリンジャーバンドを上回ると、過度に上昇していると判断され、調整の可能性が高くなります。

プログラム作成者:Copilot

  • 本プログラムは、今流行りのAIで作成しました(MicrosoftのCopilotです)。OpenAIのGPTモデル「GPT-4」を利用し、かつMicrosoftのBingに接続されているため、最新のインターネット上の情報やデータを活用することが出来ます。
  • グラフを作成するプログラムはPHP、Pythonによって作成されています。

コメント