【必見!】仮想通貨とは?初心者でもわかる仮想通貨入門

仮想通貨とは?

世の中のDX(デジタルトランスフォーメーション)化がどんどん進んでいく中で”仮想通貨”と呼ばれるネット上のお金の認知度も合わせて向上している今、興味を持たれてる、もしくは仮想通貨を初めて購入したという方も少なくないのではないでしょうか?

何を隠そう、私もその一人で、つい最近ビットコインとテゾスを初めて購入しました。が・・・やっぱり仮想通貨に関しては全くのど素人。多々ある仮想通貨の特徴や開発の背景など、少しも知らないままに取引を始めてしまい、実は「それでいいの?」と自問自答してます(^^;

少なくとも、背景や今後の展望などなど、仮想通貨とは何?というのを知った上で取引を行えれば、単なる投資対象ではなく+αの面白みを持ってトレードできるのではないでしょうか?

ということで、諸々仮想通貨に関して記事を纏めてみます。

仮想通貨とは?(仮想通貨の定義)

一般的に、仮想通貨とは以下の定義のものを指します。

仮想通貨の定義
  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  • 電子的に記録され、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない
カロ
カロ

簡単にいうと実世界で流通している硬貨や紙幣ではなく、インターネット上でやりとりできる擬似通貨とでも考えるのが最もわかりやすのかな。

仮想通貨の種類(大別)

仮想通貨は大きく分けて以下の2つに分類されます。

ビットコイン

国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために生まれた仮想通貨で、使用目的は決済機能に限定されます。

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の総称で、「Alternative coin」の略。

決済機能だけではなく、イーサリアムのようにプラットフォームとして利用する事によってスマートコントラクト(あらかじめルールを決めておき、そのルールが満たされた時に自動的に実行するプログラム)のような独自のアプリを配信できるものなど、汎用性が高い暗号資産もあります。

カロ
カロ

アルトコインって、ビットコイン以外の仮想通貨の総称だったんだね。

全然知りませんでした・・・(汗

大きく分けて2種類の仮想通貨があるということを踏まえ、それぞれのメリット、デメリットをお教えしますね。結構重要なこともあると思いますよ。

仮想通貨のメリット/デメリット

ビットコイン

メリット

ビットコインは前述の通り、決済機能に限定されるけど、その限定的な機能の中でも以下のようなメリットがあります。

個人間での送金が直接行える

一般的な個人間の送金は銀行などを仲介して行う必要があるが、ビットコインの場合は個人間での直接送金が可能。財布から手渡しで相手に現金を渡すのと同じ感覚で扱えます。

手数料が無料 or 格安

仲介する銀行などが存在したいため、基本的には手数料はかかりません。

手続や制限が存在しない

銀行を経由しないため、決済に煩わしい制限や手続きがほとんど存在しません。

世界共通で使える

国によって通貨単位が異なるようなことはないので、世界共通で利用できます。(ただし、相手側もビットコインが扱える状況になっているのが条件です。)

デメリット

損失が発生する可能性がある

仮想通貨一般的に言えることですが、購入した時と比べて通貨価値が下がれば、その分は損失となります。FXと同じようにレバレッジを掛けていれば、その分損失は大きくなり、元本割れになる可能性もあります。

価値は保証されていない

通常、円やドルなどの国が発行している通貨に関しては国が発行主体となるため価値が保証されるけど、ビットコインに関しては発行主体が存在していないので価値が保証されていません。

セキュリティ的なリスク

これもビットコインに限った話ではありませんが・・・

以前もニュースで大々的に放送され、つい最近も日本の主要な暗号資産・仮想通貨取引所リキッドが、ハッカーからの攻撃を受けて推定1億ドル(約110億円)が盗まれる被害があったようです。

このように、取引所に対してのハッキングが多々発生していて、このセキュリティの強化は喫緊の課題と言っても良いと思います。

アルトコイン

メリット

価格が安い

ビットコインと比べて価格が安いです。そのため、同一のアルトコインを一度に大量購入ということも可能になります。

将来的な利益を獲得する可能性が高い

多種多様なアルトコインは、その多くが未だ開発途中であり、今後も継続して開発が継続していくと想定されます。その開発途中にあるコインでも特に注目を浴びるような特徴を持ったコイン、また、開発によってより関心を集めたコインなどは将来的に値上がりする可能性があり、利益を上げることが可能だと思われます。

分散投資

アルトコインは種類がたくさん。なので、1つのアルトコインに投資するのではなく、数種類のアルトコインに投資する事によるリスクマネージメントを行うことが可能です。とはいえ、ビットコインとアルトコイン双方に投資をすればそれも分散投資になるので、厳密にはアルトコインのメリットと言い切るまではいかないかもしれませんね。

デメリット

値動きが大きく今後の価値が読みづらい。

アルトコインは開発途中である場合がほとんどなので、価値の変動が大きいです。バージョンアップすれば価格が高騰したり、バグが発見されれば暴落する可能性もあります。

流動性が低い。

流動性が低いということは、売買がなかなか成立しないということ。つまり、売りたい or 買いたいタイミングで売買ができないことがあるため、本来売却したいのにやむなく持ち続けないといけないなどの状況に陥ることがあります。

取引所の数

仮想通貨の取引所はたくさんあるけど、取引所によっては扱っていないアルトコインがあったりします。なので、取引したいアルトコインを扱っている取引所を探す必要があるということですね。

詐欺が目的のアルトコインが存在する。

詐欺を目的としたアルトコインが存在します。将来の高騰を期待させておいて購入させるもので、突然開発が中止されることもあります。なので、そのアルトコインが本当に信頼できる開発元なのか、開発企業そのものを例えばそのアルトコインのHPなどでよく確認をしてくださいね。

仮想通貨の種類(詳細)

カロ
カロ

仮想通貨の種類はビットコイン、イーサリアムなど色々あるけど、日本の取引所で購入できる仮想通貨の種類を教えるね。リンクをクリックすると、それぞれの仮想通貨の説明が見れるよ。

※リンク先がまだ無いところは鋭意作成中なので、しばしお待ちを。

たくさんありますね〜。

前述した通り、各通貨の詳細に関しては追々追記をさせていただこうかと思います。

主な日本の仮想通貨取引所

ということで、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を購入する際には、仮想通貨取引所に登録をしてから実際に購入することになりますので、何はともあれ、実際に自分に合った取引所に登録するところから始まります。

そこで、仮想通貨を購入できるオススメ取引所を以下にまとめましたので、参考にしていただけばと思います。

取引所一覧

取引所 Liquid Coincheck bitFlyer DMM Bitcoin GMO コイン
取引手数料販売所:-
取引所:無料
無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:-
販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
最低取引金額販売所:-
取引所:0.0001 BTC
500円相当額販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
販売所:0.001 BTC
取引所:-
販売所:0.00005 BTC
取引所:0.0001 BTC
入金手数料無料0円~1018円0円~330円 無料 無料
出金手数料日本円:700円
BTC:0.0007 BTC
407円220円~770円 無料 無料
送金手数料無料0.0005 BTC0.0004 BTC 無料 無料
一押しポイントアジア最大の仮想通貨取引所2019年のアプリダウンロードNO.1取引所と販売所のどちらでも売買可能レバレッジ取引の取扱い種類数 国内No.1インターネット金融システムで培ったセキュリティが強固

と、オススメ取引所をまとめてみましたが、今なら以下の取引所もかなりオススメです!

企業自体の規模、主な株主を見てみると、会社自体が相当しっかりしているのではないかと思います(株主にNTTやKDDI、コナミ、大手都市銀行など、錚々たる企業が名を連ねてたので、少しビックリしました!)。迷っている方はひとまず「ディーカレット」で開設しておけば、当面トラブルに見舞われる心配はなさそう&仮にトラブルがあってもしっかりとした保証をしてくれるのではないでしょうか。(ただし、これはあくまでも個人の見解なので、責任は負いません。)

表に記載したオススメの取引所へはこちらからどうぞ。それぞれの取引所の詳細を記載しましたので、自分に合った取引所を選んでくださいね。

Coincheck

東証一部マネックスグループのグループ会社です。

2021年上半期国内仮想通貨取引アプリDL数No.1だそうで(データ提供:AppTweak)、金融庁登録済の暗号資産取引換業者になります。

Coincheckが選ばれる理由としては以下のようなものが挙げられます。

国内最大級の17種類の仮想通貨を取扱い(2021年9月)
 →全取扱通貨で500円から購入可能

初心者でもスマホアプリから簡単取引
 →仮想通貨アプリ、国内最大級の430万DL(2021年9月)

PC機能が充実
 →取引所なら手数料無料
 →5通貨の仮想通貨を取扱い(2021年9月)

東証一部上場のマネックスグループ傘下で、徹底したセキュリティ体制を構築
 →金融系システムセキュリティ対応、サイバー攻撃や情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見のある専門家協力のもと、インターネットを通じた標的型攻撃の被害を避けるため、ネットワーク分離強化等のシステム再構築を行い、全通貨のコールドウォレット対応を完了

さまざまな日本円の入金方法
 →入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
 →クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

ビットコインの積立投資
 https://coincheck.com/ja/reserves_lp

【世界初】リスクのステーキングを開始(2020年1月)
 →LSKの保有量に応じて、ステーキング報酬を還元

仮想通貨を貸して有効活用
 →貸仮想通貨サービスで、一定期間貸付を行うだけで、所定の利用料を付与

電気代/ガス代の支払いでビットコインをもらえる
 →公共料金の支払いでビットコインをもらえるCoincheckでんき/Coincheckガスを提供

ポイントを仮想通貨に交換
 →マネックス証券のマネックスポイントから、BTC・XRP・ETHへの交換が可能

取り扱い通貨
 ・BTC ・XRP ・ETH ・XEM ・BCH ・LSK ・FCT ・LTC ・ETC ・MONA ・XLM ・QTUM ・BAT ・IOST ・ENJ ・OMG ・PLT(計17通貨)

bitFlyer

bitFlyerの注目ポイントはこちらになります。

  1. ビットコイン取引量 国内 No.1
  2. ビットコイン取引量 5 年連続 国内 No.1
  3. 暗号資産サービス初回利用率 国内 No.1
  4. 暗号資産サービス利用経験率 国内 No.1
  5. 暗号資産サービス現利用率 国内 No.1
  6. 暗号資産サービス使いやすさ 国内 No.1
  7. 仮想通貨取引所セキュリティ No.1

1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
2:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2020年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
3〜6:暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-59歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2021年6月11-14日。調査機関:(株)インテージ
7:Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

ちなみに私は初心者なのですが、色んな仮想通貨の売買をしたい!という思いと、それでもやっぱりメインはビットコインだなぁなんて素人ながら思いまして、アルトコインの取扱量がそこそこあり、ビットコイン取引量が国内No.1のこちらにアカウントを作成して投資しています。

DMM Bitcoin

GMO コイン

Liquid

BITPOINT

こちらはライトコインの記事で、ライトコインを買うならお勧めということで名前を上げさせてもらった取引所ですが、もちろん、その他の仮想通貨も扱ってますので、好みに合えばということでご紹介します。

2021年10月26日にジャスミー(JMY)の取り扱いを始めました!ジャスミー(JMY)の上場は日本の取引所では初となります。

エイダコイン(ADA)の取り扱いも、国内では唯一BITPOINTだけです。

ジャスミー(JMY)、エイダコイン(ADA)を買いたいという人は是非BITPOINTで口座開設してくださいね。

と言うことで、BITPOINTに関しては改めて記事としてBITPOINTのサービス内容を纏めましたので、良ければこちらを参考にしてくださいね。

BITPOINTまとめページ

簡単なまとめは以下にも記載していますので、こちらも参考にどうぞ。

■株式会社リミックスポイント(東証二部上場)の孫会社
■出来高ランキングNo.1 ※自社調べ 20年8月ETH・BCH・LTC/JPY出来高
■全取扱い仮想通貨(暗号資産)が¥500〜購入可能!
■業界屈指の手数料
口座管理手数料:¥0
仮想通貨(暗号資産)の入出金・売買:¥0
日本円の即時入金:¥0
日本円の出金:出金時の振込に係る銀行手数料の実費分のみ
レバレッジ取引:¥0 ※建玉管理料0.035%/日

現物取引の売買手数料が、板取引含め無料
仮想通貨(暗号資産)の出金手数料が無料かつ即時出金可能
日本円の即時入金は、24時間365日利用可能・原則即時反映
※PayPay銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行のネットバンクが利用可

■全取扱い仮想通貨(暗号資産)で板取引が可能
BAT…20年9月取扱い開始
TRX…21年4月取扱い開始
ADA…21年9月取扱い開始予定

■本人確認書類をご用意頂き、最短5分で簡単登録
eKYCにより、本人確認がスマホで完結
最短即日で審査が完了※原則、平日の月〜金曜日16時までの申込

■サービス内容
現物取引
・購入希望数量の入力で取引できる売買(BITPOINT)
・板取引による売買(BITPOINT PRO)
・注文方式が指値、成行、逆指値の3種類

レバレッジ取引
・板取引による売買(BITPOINT PRO)
・4倍のレバレッジで取引可能
・注文方式が指値、成行、逆指値の3種類
・レバレッジ決済方式が指定落ち、FIFO、LIFOの3種類
・指定落ちでは「両建」が可能

貸して増やす
・仮想通貨(暗号資産)をBITPOINTに貸出することで、利率に応じた貸借料を貰えるレンディングサービス
募集時に申込で貸出可能(※申込多数の際抽選)

■取引ツール
BITPOINTアプリ(iOS、Android)
入出金・取引に対応、便利な機能充実
・保有資産の推移が時系列でわかる「資産推移チャート」
・保有資産の内訳が把握できる「資産内訳円グラフ」
Apple Watchアプリ
仮想通貨(暗号資産)の価格一覧やチャートが可能

WEB取引ツール
PC・SP両方で取引可能(レスポンシブ対応

申し込みはこちら↓から!

BITPOINT

bitbank

bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資をすることが可能です。

bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式で透明性の高い取引が特徴になります。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせて注文の管理を行うことができます。

スマホにも対応した取引インターフェース、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートはかなり便利だと思います。これで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にするというのがうりですね。

申し込みはこちら↓から!

※暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があることをご理解ください 

コメント

タイトルとURLをコピーしました